FC2ブログ
ヘリオガバルスの市~18歳未満の閲覧を禁止します。
プリキュアシリーズ等の18禁同人イラスト・コミック創作+18禁オリジナル(ショタ凌辱・女子凌辱・母子相姦等)作品サイトです。多少アブノーマル度が高いのでご注意ください。~リンクフリーです。こっちに移設しました、どぞよろしく。
プロフィール

ヘリオ2011

Author:ヘリオ2011
管理人 SN012のプロフィールについては、「SNプロダクツ TOPページ」参照のこと。



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュースSNP2010「正しいかは知らんが、山際のオッサンうざい超級。」
「アーノルド坊や」のG・コールマン、DVで逮捕
1月26日18時29分配信 ロイター

 [ニューヨーク 25日 ロイター] 米人気テレビ番組「アーノルド坊やは人気者」で主人公を演じたことで知られる俳優のゲーリー・コールマン容疑者(41)が、ドメスティックバイオレンス(DV)で逮捕され、拘置所で1夜を過ごしたことが、ユタ郡刑務所の記録で明らかになった。
 自宅があるユタ州サンタキンの警察当局は、24日に同容疑者が自宅で騒ぎを起こしているという通報を受けた後、以前の逮捕状に基づいて身柄を拘束したと説明。25日の発表で「捜査を進める中で、軽犯罪での召喚で出頭を怠ったことがあると分かったため拘置した」と述べた。
 コールマンは、2007年にシャノン・プライスさんと結婚。度々警察沙汰を起こしており、2007年には治安紊乱(びんらん)行為で警察に出頭を命じられた。翌年にはテレビ番組「Divorce Court」に夫婦で出演し、結婚生活に問題を抱えていることを明かしていた。
【関連記事】
・ 最も人気のテレビ出演者、O・ウィンフリーが1位=米調査
・ 最も信頼できる著名人、J・E・ジョーンズが1位=米誌
・ S・ヨハンソンのブロードウェー初舞台、米紙など絶賛
・ 米プロデューサー組合賞、「ハート・ロッカー」が受賞
コールマン 、 アーノルド坊やは人気者 、 ドメスティックバイオレンス を調べる
最終更新:1月26日18時29分

>>>「坊や」じゃねえ、・・・有名子役は不幸になる原則。子供店長大丈夫?

4分の1が「親族優先」希望=臓器提供、10日で700人登録
1月25日18時29分配信 時事通信

 改正臓器移植法の一部施行に伴い、新たに臓器提供の意思表示をした人の約4分の1が親族への優先提供を希望していることが分かった。25日開かれた厚生労働省臓器移植委員会で報告された。
 17日に一部施行された同法は、第三者への臓器提供意思に併せて、実の親子、配偶者に優先提供する意思を表示できるとし、意思表示は基本的に日本臓器移植ネットワークのコンピューターシステムへの登録で行う。
 優先意思の登録受け付けは15日から開始。24日までに新たに臓器提供意思の登録をした人は約700人で、うち約170人が親族優先を希望した。 
【関連ニュース】
・ 86例目の脳死移植実施
・ 85例目脳死移植を実施=大阪大など5病院
・ 84例目脳死移植実施=85例目、長野で準備
・ 84例目の臓器移植へ=40代女性が提供
・ 提供目的の自殺防止盛り込む=改正臓器移植法ガイドライン
最終更新:1月25日18時34分

>>>そりゃそうだ。敵になるかも知れん他人には目糞もやらん。

オバマ大統領、陪審員候補に=地元イリノイ州の裁判で?米紙
1月25日10時26分配信 時事通信

 【シカゴ時事】オバマ米大統領はこのほど、私邸がある地元イリノイ州の裁判で陪審員を務めるよう、裁判所から呼び出しを受けた。米紙シカゴ・サンタイムズが24日、報じた。公務で多忙を極める大統領は辞退する見通し。
 同紙によれば、同州クック郡ブリッジビューで25日に開かれる裁判の陪審義務に関するリストに、大統領の名前が掲載されている。裁判所関係筋は「大統領は出廷しない見込みだが、召喚状を受け取り、返答しているのは間違いない」と話しているという。 
【関連ニュース】
・ 〔写真特集〕華麗なる仏大統領夫人 カーラ・ブルーニ
・ 【特集】話題騒然 ファーストレディー
・ 【特集】話題騒然 ファーストレディー:オバマ大統領の「切り札」
・ 【特集】話題騒然 ファーストレディー:人気モデルから華麗なる転身
・ 【特集】「陸山会」土地購入事件?検察が小沢一郎民主党幹事長から事情聴取?
最終更新:1月25日13時3分

>>>ここで一発人気回復のために出廷希望。

ゴルフコンペ、クルージング……懲りないJALは再生するか
ダイヤモンド・オンライン1月25日(月) 5時30分配信 / 経済 - 経済総合
「旧正月前の1月28日、ゴルフをしながら懇親会をやりましょう」。日本航空(JAL)の法的整理方針が決まったのは1月8日。その翌週、JAL台湾支店の王富民営業マネジャー名で取引先に出されたこのメールは、月1回開催しているJALと現地の旅行代理店などが参加するゴルフコンペの案内状だ。
 費用は割り勘だが、プレー後の懇親会費用はJAL持ち。さすがに取引先からは「正気なのか?」との声が上がっており、中止の可能性もあるという。
 台湾だけではない。フランス・パリ支店では1月15日、支店従業員や空港スタッフなど約100人を集め、新年会としてセーヌ川クルージングパーティが会社経費で開催された。
 同じ頃、日本では1月19日の会社更生法適用申請を控え、政府や霞が関を巻き込んで、信用不安の火消しや、今後の安全運航を担保するための施策検討が急ピッチで行われていた。
 会社が倒産するにもかかわらず、危機感ゼロでゴルフやクルージングに興じている海外支店と国際線事業は、今後のJAL再生計画でいちばん頭の痛い部分だ。
 未曾有の航空不況で世界中のエアラインが赤字決算を余儀なくされるなか、機材年齢が古く、大量の燃油を食う大型機を中心に飛ばしているJALは他社以上の苦戦を強いられている。
 また、これまでフラッグシップ・エアラインとして「大使館に準じる存在」を目指した海外支店の経費も重くのしかかっている。「JALのプライドの源泉」ともいえる国際線と海外ネットワークは、赤字の元凶でもあるのだ。
 今回、企業再生支援機構による3000億円の増資や、日本政策投資銀行などによる6000億円の融資枠が用意されているものの、今年度の営業赤字は約2600億円にも上る予定。法的整理によってさらなる顧客減も懸念されている。潤沢な資金が用意されているとは言いがたい。
 資金が足りなくなる前に再生の道筋をつけなければ、再度公費をつぎ込むか、もしくは清算の道を歩むよりほかはなくなる。
 ロクに再生計画を議論しないまま法的整理に踏み切ったため、詳細なリストラ計画は今後の大きな課題。国際線を大リストラしたうえで、全日本空輸(ANA)に統合させる案も検討の俎上に載せられている。
 国土交通省は「JALとANAの国内2社体制による競争環境の維持」が持論だが、ここにきて前原誠司・国土交通大臣の口から「JAL・ANAの2社体制が成り立つかどうか、見極めるべき」との発言も出ている。
 倒産の憂き目に遭ってなお、お公家体質が横行しているJALだが、公的資金でV字回復というような明るい未来はなさそうだ。
(「週刊ダイヤモンド」編集部 津本朋子)
【関連記事】
喩えれば「車はトヨタ」と薦めたに等しい 前原JAL優遇発言とトンデモ航空行政【岸博幸コラム】
JAL国際線撤退派に突如転向した 前原“子ども大臣”のしたたかな計算【町田徹コラム】
3人の財界人が語る「稲盛日航」が危ういこれだけの理由
沈み行くJAL株を眺めながら【山崎元コラム】
政府の迷走でタイムアウト 誰がJALを追い詰めたのか

>>>沈まぬ太陽は沈没したまま、まあ最近は飛行機乗らないからどーでもええ。


















この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://snp0426.blog66.fc2.com/tb.php/2625-b636c612
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
おすすめ アクセス解析SEOセックスフレンド出会い系サイト札幌 風俗