FC2ブログ
ヘリオガバルスの市~18歳未満の閲覧を禁止します。
プリキュアシリーズ等の18禁同人イラスト・コミック創作+18禁オリジナル(ショタ凌辱・女子凌辱・母子相姦等)作品サイトです。多少アブノーマル度が高いのでご注意ください。~リンクフリーです。こっちに移設しました、どぞよろしく。
プロフィール

ヘリオ2011

Author:ヘリオ2011
管理人 SN012のプロフィールについては、「SNプロダクツ TOPページ」参照のこと。



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「うたばん」にも登場。
NHKの「SONGS」で30分、水谷豊さん歌った。

                     あb-g-01

水谷“怒濤プロモ”効いた!「相棒」大ヒットのワケ
5月10日17時1分配信 夕刊フジ

人気刑事ドラマを映画化した「相棒?劇場版?絶体絶命! 42.195km 東京ビッグシティマラソン」がこの大型連休に独り勝ちの好スタートを切った。興行収入50億円突破は確実な勢いで、苦境続きの東映にとっては救世主に。そのウラには、どんな仕掛けがあったのか。
 そもそも“ゴールデンウイーク”という名前の由来は、1951年に当時の大映が「盆や正月並みの映画の書き入れ時」として呼んだのが始まり。今年は、どの作品も興収10億円前後と伸び悩む中で「相棒」だけが好調だ。1?6日には全国で125万5000人を動員して、興収15億2377万円。客層はドラマの視聴者層の30、40代だけでなく10代から60代まで幅広い。
 東映邦画系で過去最高の興収51億1000万円を稼いだ「男たちの大和/YAMATO」と比べ、現時点での興収比で238.7%と50億円突破は確実。東映は当初「まず30億円。50億円は高い理想」と控えめだったが、この快調ぶりに和泉聖治監督は「相棒」のシリーズ化をぶち挙げているほどだ。
 ヒットを導く土台はあった。もともとテレビ朝日の看板ドラマとして人気が定着、最新シリーズの平均視聴率は18.3%(ビデオリサーチ、関東地区)と固定ファンが見込めた。さらに、25年ぶりの映画出演となった主役の水谷豊(55)が「怒濤のプロモーション活動」(映画関係者)で後押しして浮動層をも取り込んだ。
 「シャイな水谷さんは若いころ、大のインタビュー嫌いで知られていた。だが、今回はスタッフの懸命の説得もあり、意気に感じて『覚悟した』と積極的に宣伝に協力。テレ朝はもちろん、NHKやTBSでは昔のヒット曲も歌ってみる大サービスぶりだった。めったにバラエティーや音楽番組に出ない水谷さんだからこそ効果も倍増。これで10億円は上積みした」(ライバル社の邦画宣伝マン)
 何よりも作品自体にパワーがあったというのは、映画ライターの安保有希子さん。
 「現実の事件を連想させる重厚なストーリーにファンは満足した。重いだけでなく、水谷・寺脇(康文)の掛け合いが生み出す面白さとのバランスがいいし、人気先行の俳優ではなく西田敏行、津川雅彦ら芸達者を脇に起用したのも心憎い」
 刑事ドラマの映画化ではフジテレビの「踊る大捜査線」に一日の長がある。
 「『踊る?』は軽妙さが持ち味の織田裕二ムービー。映画としての懐は硬軟のバランスが取れた『相棒』の方が深い。刑事ドラマに手慣れているテレ朝の巧さ」と安保さん。
 さらに、刑事ものが流行る遠因にはヒーローの出現を望む社会不安があるのかもしれない。
【関連記事】
・ ■写真で見る■ 鈴木砂羽“恋の相棒”語らず 映画「相棒」のプレミアイベント
・ 劇場版「相棒」初日だけで興収2億超え!水谷「感無量です」
・ 「相棒 劇場版」特命係の右京&亀山がスクリーンで大暴れ
・ テレ朝「相棒」の水谷&寺脇らが橋田賞選出…大賞はなし
・ 超おまぬけ強盗…判事も一喝「ばか者ども」
最終更新:5月10日17時55分

水谷豊、映画『相棒』大ヒットは「ウソじゃない」
( 2008年05月01日 13時00分)

俳優の水谷豊、寺脇康文らが1日(木)、東京・銀座で映画『相棒?劇場版?』の初日舞台挨拶を行った。客席から大歓声を浴びて登壇した水谷は「よく映画のCMで“大ヒット御礼”という言葉がありますが、たまにウソがあります。ですが『相棒』の大ヒットは本当だと思う」と自ら演じる杉下右京になりきり、観客の声援に応えた。
 25年ぶりの映画出演となった水谷は、この日も男の色香漂うダンディーなスーツ姿で登場。開口一番「この劇場は非常口が多いですね・・・すいません、細かいことが気になるんですよ」と右京の決め台詞を披露し沸かせた。さらに「テレビシリーズで8年の歳月が経過し映画化に至りました。皆さんと一緒に“相棒ワールド”を共有できたらこんなに嬉しいことはない」と感慨深げに語った。
 長年に渡って右京の“相棒”を務める亀山薫役の寺脇も「昨日の夜はドキドキして凄く眠りが深かった・・・深かったのかよ!」とノリ突っ込みを披露し笑いを誘うなど、まさに劇中そのままの“静の水谷、動の寺脇”という見事なコンビネーションを観客に披露した。
 同作では、水谷がスタント無しで行った爆破シーンが話題だが、水谷は「終わった後に共演者やスタッフが飛んできて、事の重大さを知りました」と語ると、寺脇も「ジャッキー・チェンの映画みたいで、豊さんが“ミディアムレア”になったかと思った」と撮影を振り返り、笑いを振りまいていた。
 その他、この日の舞台挨拶には共演の鈴木砂羽、西田敏行、本仮屋ユイカらも出席した。

『相棒?劇場版?』が変則初日で好スタート、東映の興行新記録へ
5月2日13時28分配信 オリコン

水谷豊、寺脇康文が主演する映画『相棒?劇場版?』が1日(木)に全国301スクリーンで公開され、配給元である東映のこれまでの興行記録を更新する勢いの出足となったことがわかった。初日の興行収入は現時点では明らかにされていないが、関係者によると、『男たちの大和 YAMATO』(2005年12月17日公開)の最終的な興行収入51億1000万円を上回る勢いの全国的なヒットになっているという。
 『相棒?劇場版?』は、警視庁特命係の右京と薫がコンビとして活躍する人気ドラマシリーズの映画化作品。これまでにドラマは高視聴率をマークしており、熱狂的なファンが多いことで知られる。今回の劇場版は、ゴールデンウイーク中の変則初日(木曜日)となったため、通常は土曜日に公開されるこれまでの作品と単純な比較はできないが、東映の興行新記録の樹立を見込める好スタートを切った。
 公開初日の舞台挨拶に立った水谷は、「よく映画のCMで“大ヒット御礼”という言葉がありますが、たまにウソがあります。ですが『相棒』の大ヒットは本当だと思う」と自ら演じる杉下右京になりきり、観客の大きな声援に応えていた。
【関連】 水谷豊、映画『相棒』大ヒットは「ウソじゃない」 (08年05月01日)
【関連】 水谷豊、西田敏行とバラエティで“合体”「次は彼が局長だ!」 (08年04月24日)
【関連】 水谷豊、25年ぶりの映画出演作『相棒』に感無量 (08年04月15日)
【関連】 本仮屋ユイカが反抗期!? (08年04月09日)
【関連】 寺脇康文が水谷豊の意外な一面を告白 (07年11月27日)
最終更新:5月2日13時44分

>>>ヒットなによりだが、意外にマニアの評価は半々、・・・ま解らなくはないな。

>>>で、関連コメントは日記にも書いたのでこんくらいでおしまい。



















この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://snp0426.blog66.fc2.com/tb.php/1872-03666b67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
おすすめ アクセス解析SEOセックスフレンド出会い系サイト札幌 風俗