FC2ブログ
ヘリオガバルスの市~18歳未満の閲覧を禁止します。
プリキュアシリーズ等の18禁同人イラスト・コミック創作+18禁オリジナル(ショタ凌辱・女子凌辱・母子相姦等)作品サイトです。多少アブノーマル度が高いのでご注意ください。~リンクフリーです。こっちに移設しました、どぞよろしく。
プロフィール

ヘリオ2011

Author:ヘリオ2011
管理人 SN012のプロフィールについては、「SNプロダクツ TOPページ」参照のこと。



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「オタクはすでに死んでいる」
岡田はすでに・・・

                            otss-1

>>>ぶっちゃけ、オタキングの本を買うつもりはなかったが、タイトルに轢かれた。(←誤字ではない)

>>>「オタク学入門」でオタクを定義し?「いつまでもデブと思うなよ」で痩せたために業界から「裏切り者」by江川達也大先生呼ばわりの岡田氏だが、
個人的にはまあいいんじゃないの?と思ってたが、オタクという概念を広めた人物がその死亡宣告をしたというのはマッチポンプ的で興味が。(物事の興亡史には創設者がその事業の死に水を取る場合は多い。)

>>>内容はまともで、いかなジャンル(この場合、オタクという民族)も、発生勃興興隆絶頂堕落衰退滅亡、そして転生(しない場合も)するということを解説したと、読めました。そういう事例は個人的にもあるし、一般の例としてはプロレスがまんまそれだな、と。

>>>オタクという民族は滅びてもマニアは個人として生きていく、
・・・「オタクにはなりたくてなるものでもなく、やめたくてやめられるものではない!」との「げんしけん」斑目の言葉を滅ぼされたオタクへのレクイエムとして、

・・・あ、まだ最終章を読んでないが、まいいか。(適当)



>>>(追記)岡田氏は今年で50になる、が、その年齢でこの本で過去を美化して振り返るには若造すぎないか?・・・あの記述が本当ならガイナックス社員が黙ってないと思う。

>>>さすがに50代になると老後が見えてくるので、美しくない精神の老人たちに苛つくのは解る、が、じきに自分も私もそうなる。(恐怖の未来)







この記事に対するコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2010/11/19 10:14】 | # [ 編集]

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2011/05/08 09:25】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://snp0426.blog66.fc2.com/tb.php/1854-c5645d99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
おすすめ アクセス解析SEOセックスフレンド出会い系サイト札幌 風俗