FC2ブログ
ヘリオガバルスの市~18歳未満の閲覧を禁止します。
プリキュアシリーズ等の18禁同人イラスト・コミック創作+18禁オリジナル(ショタ凌辱・女子凌辱・母子相姦等)作品サイトです。多少アブノーマル度が高いのでご注意ください。~リンクフリーです。こっちに移設しました、どぞよろしく。
プロフィール

ヘリオ2011

Author:ヘリオ2011
管理人 SN012のプロフィールについては、「SNプロダクツ TOPページ」参照のこと。



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jの話題。
c-2-1

<ハンター×ハンター>2カ月半で“復活” 3月3日に連載再開
2月4日12時3分配信 毎日新聞

 1年8カ月の休載後、07年10月から連載を再開し、その後再び12月に休載していた冨樫義博さんの人気連載マンガ「ハンター×ハンター」が3月3日発売の「週刊少年ジャンプ」14号(集英社)で連載を再開することが4日、明らかになった。わずか2カ月半での“復活”となる。
 「ハンター×ハンター」は、98年から同誌で連載。06年2月から1年8カ月間休載していたが、10月に「10週連続」の連載を再開。12月発売の新年3号(集英社)から再び休載。冨樫さんは「近くまた戻ってまいります。なるべく早く帰って来ます。頑張ります」とコメントしていた。連載再開の詳細は、13号(2月25日発売)で発表するという。
 「ハンター×ハンター」は、主人公のゴンが、優れたハンターであり行方不明の父親ジンを探すために、自らもハンターを志し、さまざまなライバルたちと出会いながら成長していくファンタジーで、コミックスは累計4500万部を発行。現在、爆発的な繁殖力と驚異的な戦闘力を持つ怪物「キメラ=アント」の集団とハンター軍団の戦いを描いている。連載再開に合わせて3月4日にコミックス最新刊25巻も発売される。【河村成浩】
【関連記事】 ハンター×ハンター:また休載、作者「近くまた戻ってまいります」
【関連記事】 ハンター×ハンター:1年8カ月ぶり連載再開
【関連記事】 特集:少年マンガの現在 上 等身大ヒーローの熱血感動 骨太なストーリーを重視
【関連記事】 特集:少年マンガの現在 中 キャラクターの強さがキモ 理想論こそが“少年誌魂”
【関連記事】 特集:少年マンガの現在 下 鼎談 少年マンガはどこへ向かうのか?
最終更新:2月4日12時55分

>>>印税ガッポのコミックスのためなら描きます。

<講談社>新マンガ誌「少年ライバル」4月4日創刊 ボンボン休刊受け、30万部発行
1月26日12時1分配信 毎日新聞

 講談社は、少年向けマンガ誌「月刊少年ライバル」を4月4日、創刊することを明らかにした。創刊号は30万部の発行予定。07年11月に児童向けマンガ誌「コミックボンボン」の休刊を受け、新たに中高生向けのマンガ誌を創刊した。
 同誌のコンセプトは、「新しい時代の王道少年マンガ誌」で、「少年の成長に良きライバルの存在は不可欠。主人公とライバルが試合や勝負事でせめぎ合う対決構図は少年マンガの王道」として、「少年ライバル」と命名。具体的な作品名や作家名は発表されていない。
 また、大賞賞金300万円の新人賞「少年ライバルコミック大賞」も設立。第1回は雨鳥さんの「むこうがわのまさか」に決定。現在、第2回(5月末締め切り)を募集している。【渡辺圭】
【関連記事】 講談社:「コミックボンボン」休刊へ 来春に新雑誌創刊
【関連記事】 ジャンプスクエア:完売続出、史上初の10万部増刷 不振覆す大ヒットの理由は…
【関連記事】 講談社:ウェブ小説「ギートステイト」が音声ドラマに 携帯電話向けに配信へ
【関連記事】 講談社:オタク情報誌「メカビ」が季刊化 次号は9月20日発売
【関連記事】 博士の愛した数式:漫画版が3日発売 講談社から
最終更新:1月26日12時1分

>>>「ボンボン」は競合誌にコロコロ負けて、ライバルに成れず。

ドリカムが「ワンピース」とコラボ!超貴重イラスト画も完成
1月28日8時2分配信 サンケイスポーツ
 人気ユニットDREAMS COME TRUEが2月27日発売の新曲「またね」のジャケットで、人気アニメ「ワンピース」と“共演”することが27日、分かった。同曲が3月1日公開の同アニメ映画主題歌に起用された縁から、原作者の尾田栄一郎氏(33)がメンバーの吉田美和(42)と中村正人(49)をユーモアあふれるマンガで書き下ろした。
 ドリカムが、あの“麦わら一味”の仲間入りを果たした。
 吉田が主人公のルフィとおそろいのネクタイをつけ、腕を組んで親指を立てる。一方の中村は、トナカイのチョッパーにほおをつねられ苦笑い。今にも飛び出しそうな、動きあるジャケットが完成した。
 実はこれ、映画「ワンピースTHE MOVIE エピソード オブ チョッパー プラス 冬に咲く、奇跡の花」の主題歌をドリカムが歌う縁で、尾田氏がドリカムのために2人とアニメキャラクターのイラスト画を書き下ろした。
 コミック史上最速で1億冊を突破し、初版最高発行部数記録(27巻で263万部)を持つ日本一の漫画家、尾田氏がマンガキャラクター以外の人物を描いたのは初めて。歌詞カードにも吉田と中村のイラストデッサンがちりばめられており、「コミック界では驚くべき貴重な出来事」(関係者)という。
 ネクタイが吉田の手掛けるブランドと同じ柄で、中村のベースとストラップも瓜二つという凝りように、中村は「吉田さんと僕、ぶっ飛びました。この作品に注ぎ込まれた尾田っちの愛情が、“麦わら一味”の最高の笑顔からあふれ出るようだ」と大感激だ。
 ドリカムが主題歌を歌うことになったのも、彼らの大ファンだった尾田氏の熱烈オファーがきっかけで、ジャケットはその恩返しの意味もある。「またね」にはルフィやチョッパーらアニメキャラクターの声が曲のいたるところに登場し、聴いてもアニメの世界観がたっぷりと楽しめる。
【関連記事】
・ アッコの目にも涙…ドリカム・吉田抱きしめ号泣
・ 吉田美和、活動再開へ ドリカム中村「精一杯考えた答え」
・ ドリカム中村さん「吉田は歌える状態ではない」ブログで報告
・ ドリカム吉田美和さんの夫を襲った「胚細胞腫瘍」とは
・ みのもんたVsルフィ実現!映画「ワンピース」で声優初挑戦
最終更新:1月28日8時2分

>>>この人気隆盛について、「彼」からコメント。

                      dc-3-1














この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://snp0426.blog66.fc2.com/tb.php/1696-6b43e1a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
おすすめ アクセス解析SEOセックスフレンド出会い系サイト札幌 風俗