FC2ブログ
ヘリオガバルスの市~18歳未満の閲覧を禁止します。
プリキュアシリーズ等の18禁同人イラスト・コミック創作+18禁オリジナル(ショタ凌辱・女子凌辱・母子相姦等)作品サイトです。多少アブノーマル度が高いのでご注意ください。~リンクフリーです。こっちに移設しました、どぞよろしく。
プロフィール

ヘリオ2011

Author:ヘリオ2011
管理人 SN012のプロフィールについては、「SNプロダクツ TOPページ」参照のこと。



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エススポ2007「まだ「M?1」引きずってんの?」
「杉浦は太陽のように」・・・って、「ウルトラマンタロウ」のパロディって解らないよねえ、・・・。

                        えr-256

杉浦太陽ブログの辻ちゃん写真 「大人の事情?」で削除
2007/12/27

元「モーニング娘。」メンバーの辻希美さん(20)と「できちゃった結婚」し、パパになったばかりの俳優・杉浦太陽さん(26)のブログに、ある異変が起きた。一度掲載した記事が「大人の事情」で「編集(削除)になってしまった」というのだ。一体何が起きたのか。
「いろいろ迷惑がかかってしまいましたので」
杉浦さんと辻さんとの間には2007年11月26日、長女の希空(のあ)ちゃんが誕生、そのおよそ10日後の12月7日に公式ブログ「太陽のメッサ○○食べ太陽」を開設した。今のところ毎日更新され、1日に複数回更新することも少なくない。日々の食事を、写真をまじえて紹介したり、撮影の様子を記すなど、かなり熱心に取り組んでいる様子だ。
家庭生活についても頻繁に触れられており、顔は映っていないものの、希空ちゃんの様子を写真入りで紹介している。例えば、12月9日付けの記事では、希空ちゃんをお風呂に入れ終わった直後の様子として、家族3人の拳をアップにした写真が、12月11日には、希空ちゃんの脚がうつった写真がそれぞれ掲載されている。さらに12月14日には、「へその緒が取れた」としておへその写真、12月23日にはつむじの写真を掲載している。
ブログには平和な書き込みが続いていたが、12月25日午後に、ちょっと様子が違う記事が掲載されたのだ。内容はこうだ。
「昨日の写真は諸事情のため。
大人の事情ですね。
いろいろ迷惑がかかってしまいましたので編集になってしまい
申し訳ありませ???ん。・゜゜・(≧д≦)・゜゜・。」
サンタクロースの衣装で立っている写真
「大人の事情」で、一度公開したブログの記事を編集することを余儀なくされた、ということのようだ。原因は、12月25日になった直後に掲載された記事だ。
「我が家のクリスマス!」というタイトルで、料理が乗ったテーブルを前に、杉浦さんと辻さんがサンタクロースの衣装を着て立っている様子を映した写真1枚が掲載された。辻さんはクリスマスツリーを抱えており、不鮮明ながらも横顔が映っている。どうやら、この「顔出し」が「大人の事情」で不可とされた模様で、現在、この記事に掲載されている写真は、元々の写真をトリミングして作ったと見られる、杉浦さんの顔のアップ1枚と、料理の写真1枚とに差し替えられている。
家族写真さえブログに掲載できないのは不思議な気もするが、杉浦さんのブログには、他に「家族写真」が掲載された例もある。12月13日の記事に、実弟の杉浦太雄(たかお)さんとのツーショット写真が掲載されているのだ。もっとも、太陽さんと太雄さんは、同じ芸能事務所「スカイコーポレーション」に所属している。それに対して、辻さんが所属しているのは、別の「アップフロントエージェンシー」という事務所。所属事務所の違いが、「弟はOKだが妻はNG」という「大人の事情」の原因なのかも知れない。

>>>「整形した元顔のDNAが二人分反映された顔だったから、・・・・。」などと書き込んではいけない。(没)

M-1審査に未だ不満くすぶる 「選考はデキレースだ」
2007/12/28

若手漫才師の日本一を決める「M-1グランプリ」の審査が不透明だと、未だにブログやコメントなどで不満がくすぶっている。優勝したサンドウィッチマンが敗者復活組だったこともあってか、事務局がある吉本興業寄りの芸人が予選などで優遇されているというのだ。
出場者や審査員から疑問視する声
「グランプリでは、厳正な審査をしています。不満ですか?それは主観になりますので…。点数の基準はあります」
吉本興業の広報担当者は2007年12月28日、J-CASTニュースの取材に困惑した様子でこう答えた。
それほど、テレビ朝日系で12月23日に放映された今回のM-1には、予選中から不満が多かった。フジテレビZOOの編集長は、公式サイト「さすらう犬の編集長生活」の12月11日付日記で、「お笑い界ではM-1のことがよく話題になるシーズンになった。最近は、結構いろんな所でボクは出来レース化について批判してきた」と、すでに上位進出者は決まっていると言わんばかりに書いた。ブログは、「もしも本気でそれにかけている芸人がいるとしたら。あまりにも失礼」といった批判のコメントで荒らされたものの、事務局への不満はこの編集長ばかりではなかった。
M-1の予選に出場して1回戦で敗れたお笑いコンビ「アイマネ」の倉持結香さん(16)も、その一人。高校生のグラビアアイドルとしても活躍している結香さんは、公式ブログの10月27日付日記「今日のM-1予選について言いたいこと」で、戦いを終えた思いをこう吐露した。
「人気のある芸人さんだけ明らかに他と待遇が違ったのです。多少は仕方ない事なのかもしれないけど、控え室も特別扱いなのはどうかと思います」
今回のM-1では、優勝したサンドウィッチマンの2人は、準決勝でいったん敗れていた。オリコンの12月26日付記事によると、決勝戦では、審査委員長の島田紳助さんらが「相当、力がある。なんで準決勝で落ちたんだと(審査員の)松本(人志)と言っていた」と語っていた。また、アメーバニュースの24日付記事によると、審査員だったオール阪神巨人の巨人さんは、「彼らが普通に決勝に来ていないのがおかしい」と首をかしげたという。
人気芸人中心の選考に疑問持たない客への批判も
これに対して、サンドウィッチマンが敗れた準決勝の審査について、ネットでは、批判の声が次々寄せられている。
審査員だった放送作家のかわら長介さんは、ブログ「たくらだ堂」の12月23日当日付の日記で、サンドウィッチマンの芸を「淡々と、ただ淡々とボケとツッコミが続く。笑いも取っている、間も良い、面白い。だが、それは自分たちが気持ちいいことをやっているだけのように見える。それって、結構観客不在というか、ファン無視ってことでは?」などと評した。さらに、「このままでは、僕に彼らの栄光は見えてこない」とまで言い切った。
しかし、結果として、サンドウィッチマンが優勝したことで、「見る目が無いんだから審査員降りてください!」などと批判的な意見を中心に80件以上もコメントが寄せられた。こうしたことに配慮したためか、決勝戦についての評価はかわらさんの日記にアップされていない。
前出の倉持結香さんは、ブログの日記で、人気芸人中心の選考に疑問を持たない一般客への批判もつづっていた。最近人気のコンビ目当ての客ばかりだったとして、こうブチキレたのだ。
「一番嫌だったのがその芸人さんのネタが終わったらそれ目当ての客がぞろぞろと帰ってしまったという事です。本当に、信じられない。その後にネタをする芸人さん達の気持ちを考えたら出来る行動とは思えません。そんな事なら見に来るな!!皆、今日の為に必死で練習してきてるのに」
客をけなすようなことを書いたうえ、合格した当の芸人についても「メガネぶん取って粉々に踏みつけてやりたい」と書き込んだため、批判的なコメントが800件以上も寄せられてブログが炎上。10月30日になって、結香さんがお詫び文を日記に掲載する騒ぎになった。
とはいえ、結香さんが所属する東京図鑑のマネージャーは、J-CASTニュースの取材に、こう代弁した。
「人気芸人への特別待遇は、テレビ番組の楽屋でのことならば分かります。ですが、公平を期する名目で行われた大会で、本来のあり方が失われ、興行本位のデキレースになってきているのではないでしょうか。倉持は、今でも主催者側に対しては、疑問を持っているようですね」
J-CASTニュースでは、事務局の吉本興業が正式なコメントをするというので返答を待った。そして、連絡があり、広報担当者は、「ネットでどなたかがおしゃっていることは分かりましたが、それについて何も言うことがありませんので、コメントはございません」と話した。

>>>あの?、「製作・吉本」のM-1の選考・審査をガチンコ勝負と本気で思ってる方、・・・・・SNPRのノリには合わないので、お帰り下さい。

内藤、「こまになった気分」=宮城野部屋に1日入門
12月28日16時1分配信 時事通信

 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者の内藤大助(宮田)が28日、大相撲の横綱白鵬のいる宮城野部屋に「1日入門」した。内藤は細い体にまわしをぐるぐる巻きにされ、「こまになった気分」と笑ったが、横綱の胸を借りてけいこするなど奮闘した。
 内藤は白鵬からしこやすり足などを教わり、土俵で14番けいこした。自分より100キロ近く重い横綱に果敢に挑み、禁じ手のパンチを繰り出して関係者を笑わせる場面も。「横綱はびくともしない」と目を丸くしたが、「負けたくない、という気持ちを学んだ」と収穫も口にした。
 今年は亀田大毅(協栄)との防衛戦で相手の反則にもめげずに勝利し、一躍「時の人」に。来年に向けては「少しでも防衛できるように、お客さんに喜ばれるような選手になりたい」と目を輝かせていた。 
【関連写真】 写真特集:ボクシング 亀田家処分問題
【関連記事】 大賞はサッカーの浦和=プロスポーツ協会
【関連記事】 亀田大、世界ランクから除外=ボクシング
【関連記事】 世界挑戦資格厳格化を否決=ボクシング
【関連記事】 虚像だった亀田家人気=父親の追放で幕引き-ボクシング〔クローズアップ07〕
最終更新:12月28日16時5分

>>>コントかよ、・・・・今年の暗黒のスポーツ界で唯一明るい話題でしたな、王者内藤は。(プロレス界は個人的に思い入れ在り過ぎなので客観的コメントはしない)

初代林家三平、銀座ホステスとの間に隠し子…週刊文春報じる
12月26日8時2分配信 サンケイスポーツ

 昭和の爆笑王の異名をとった落語家で、昭和55年に亡くなった初代林家三平(享年54)に隠し子がいた、と26日発売の「週刊文春」が報じている。
 同誌によると、三平が生前に銀座のクラブ「ボニー」のNO.1ホステスだった“悦ちゃん”と恋におち、東京・根岸の自宅から徒歩15分のアパートの六畳間を借りて囲っていたという。さらに親友だった落語家、三笑亭笑三(82)の証言として、彼女は5年近くも笑三を介して月5万円を渡され、最後に三平の子供を身ごもったという。
 笑三はこの日、サンケイスポーツの取材に「40年か50年くらい前の話。2人ともまだ二つ目くらいでしたね。三平に子供が2人いたときです。急にウケてお金ができたので、よく店に飲みに行っていました。彼女から『三平師匠の子供ができた』と聞かされましてね。それであの家はもめたんですよ」と認めた。
 林家ファミリーでは11月12日に、三平の二女の泰葉(46)が落語家の春風亭小朝(52)と離婚。また、長女の海老名美どり(54)と泰葉の不仲も表面化している。
【関連記事】
・ 林家いっ平が「三平」を襲名
・ 極秘情報あっさり解禁?林家いっ平が「二代目林家三平」襲名へ
・ 「三平中傷」に怒る…林家いっ平の本心は?
・ 海老名家の一大事…いっ平、三平襲名に暗雲?
・ 泰葉「仕事を」に小朝「いいよ」 2人仲良く会見
最終更新:12月26日8時2分

>>>なんか相撲の花田家も隠し子がいて、・・・でも三平さんなら「ど?も、スイマセン。」で済んだかもしれない。















この記事に対するコメント
XkkLfYdGet
W5s3gD <a href="http://lqjbsukuaxdd.com/">lqjbsukuaxdd</a>, [url=http://aiqhdlatidaz.com/]aiqhdlatidaz[/url], [link=http://pjypdhezgkkc.com/]pjypdhezgkkc[/link], http://iuvfrrrorlas.com/
【2011/12/08 14:55】 URL | gjffyhvdiz #7ugFETyE [ 編集]

MOkAhrgiQKxuBo
xHL31w <a href="http://zvtrvpjgelwb.com/">zvtrvpjgelwb</a>, [url=http://oqpimbkpngtg.com/]oqpimbkpngtg[/url], [link=http://rskfeqaplplu.com/]rskfeqaplplu[/link], http://krhixtkspusp.com/
【2011/12/26 02:07】 URL | hvadpienet #f6Yt3f3s [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://snp0426.blog66.fc2.com/tb.php/1595-5b3eaef2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
おすすめ アクセス解析SEOセックスフレンド出会い系サイト札幌 風俗