FC2ブログ
ヘリオガバルスの市~18歳未満の閲覧を禁止します。
プリキュアシリーズ等の18禁同人イラスト・コミック創作+18禁オリジナル(ショタ凌辱・女子凌辱・母子相姦等)作品サイトです。多少アブノーマル度が高いのでご注意ください。~リンクフリーです。こっちに移設しました、どぞよろしく。
プロフィール

ヘリオ2011

Author:ヘリオ2011
管理人 SN012のプロフィールについては、「SNプロダクツ TOPページ」参照のこと。



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラッシャー木村さん、死去。
国際プロレスが終わった。

ラッシャー木村さん、腎不全による誤嚥性肺炎で死去
5月24日18時7分配信 サンケイスポーツ

 元プロレスラーで2003年からプロレスリング・ノアの終身名誉選手会長に就任していたラッシャー木村さん(68)が24日、腎不全による誤嚥性肺炎のため死去した。ノアの公式サイトで発表した。
 木村さんは1941年北海道出身。大相撲の宮城野部屋を経て日本プロレスに入門。その後東京プロレスから国際プロレスに移籍した。国際プロレス時代は過激なデスマッチで名を上げ「金網の鬼」の異名を取り、75年にはIWA世界ヘビー級王座を獲得した。
 国際プロレスの解散後は新日本プロレスに参戦。第1次UWFにも参加したが程なく離脱した。その後、全日本プロレスに移籍し、ジャイアント馬場とタッグを組み人気が高まった。マイクパフォーマンスは有名で、数多くの名文句を生み出した。試合後、観客から「マイク!マイク!」とパフォーマンスを求めるマイク・コールが起こるほどだった。
 馬場没後の00年、全日本のエースだった三沢光晴が立ち上げたノアに参戦。前座試合で人気を博していたが、03年3月の日本武道館大会を最後に体調不良により長期休養に入り、04年7月、ビデオレターで引退を表明している。
【関連記事】
・ 上原美優、亡き母「世界で一番頑張り屋」
・ 島野修さん死去、球団マスコットで活躍
・ 田宮謙次郎氏死去、ミスターの三冠王阻止
・ 「OH!モーレツ」しばたはつみさんが死去
・ エリカ・ブラスバーグ選手が死去/米女子
最終更新:5月24日18時34分

>>>猪木さんがNHKに生放送出演した日に、・・・・。

>>>これでラッシャーさんをネタに出来なくなった、・・・・。ラッシャー板前は名前返上しないとね。

>>>と、ツマラナイ言動ですいません。年齢的にもまだまだだし、残念です。
プロレスラーは体を酷使するから短命なんだろうか、・・・合掌。






















全日本の系譜。
小島が退団を正式表明「理由はケガと武藤全日本からの卒業」
4月30日0時15分配信 スポーツナビ

 29日の全日本プロレス「2010 GROWIN’ UP」東京・後楽園ホール大会では、満員となる2000人を動員した。
 前三冠ヘビー級王者である小島聡がリング上からファンに退団を正式発表。5月シリーズを最後に全日本を離れ、6月に左ヒジ尺骨神経麻痺の手術を行った後、リハビリを経て今後の活動を模索していくことになった。
 小島は新日本プロレスでデビューし、02年に全日本に移籍。武藤敬司新社長の元、全日本のエースとして活躍し、三冠王座をはじめ世界タッグ、アジアタッグといったタイトルや、「チャンピオン・カーニバル」、「世界最強タッグ決定リーグ戦」といった恒例シリーズまで、様々な栄冠を獲得してきた。

 しかし、今年に入ってからは自身が中心となって結成したユニットF4が解散に追い込まれ、3月には三冠王座からも転落。今年のCCでは決勝トーナメントにも残れず、スランプ状態が続いていた。
シリーズ中に一部報道で退団が報じられた後も小島はシリーズ参戦を続けていたが、この日、初めて正式にファンの前で報告を行うことになった。

 この日の対戦相手は、02年に世界タッグ王座を獲得し、最強タッグ決定リーグ戦でも優勝を飾ったかつてのタッグパートナーの太陽ケア。ファンのあたたかい声援に迎え入れられた小島は、ケアの執拗な右腕攻めにあいながらも、張り裂けんばかりの声で「いっちゃうぞ、バカヤロー!」をファンと合唱。さらに、力のこもったチョップを連発し、右腕のサポーターを投げ捨ててラリアットを打ち込んでいくが、カウント2止まり。ケアのTKO34thからのH5Oという猛攻に沈んだ。
 試合を終えた小島は、マイクを握ると、退団を自分の口から発表。ファンや選手・関係者への謝罪を口にしつつ、5月シリーズの全戦参戦を表明すると、「これからもせいいっぱい頑張ってまいります。本当に8年間ありがとうございました」と深々と頭を下げてリングを降りた。
 バックステージでコメントを出した小島は、退団の大きな理由について「左ヒジの状態の悪化と、武藤全日本プロレスからの卒業」を挙げ、直前まで悩みぬいた末の決断であることを明かした。
 8年前に新日本を退団した時は「不安が9割の期待が1割」という状況だったというが、「全日本で8年間やってきて、大きな自信につながった」ことから、今後についての不安を一蹴。5.16後楽園で開幕する次期シリーズにも全戦参戦が決定したことから、「一生懸命、全身全霊で頑張る」と、全日本プロレスの一員として完全燃焼することを誓った。
【関連記事】
・ 4.29全日本プロレス後楽園ホール大会 詳報・フォトギャラリー
・ 浜が小島を破り史上最短、デビュー1年4カ月で三冠王者に
・ 三冠決戦を前に小島組が浜組に完敗
・ TARUが小島に劇勝 F4が解散へ
最終更新:4月30日0時15分

>>>プロレスファン以外に解らないネタなのでスルー推奨。

>>>(前提は省く)?で、全日本って応援しづらい団体になっちゃったんだ。個人としての選手は魅力的だけど、器名が「全日本」で中身はほぼ「第二新日本漂流難民+α」というパッケージならぬパッチワーク団体。

>>>これでは、「全日本を守ろう!」とかのFMW式の煽りが意味ねえ?。んで、武藤さんが抜けたら小島はさっさと逃げるの体、・・・・エースはUWF難民の鈴木&格闘技難民の船木、・・・系譜が一応繋がってる新日本・ノアと違って団体に思い入れが込められない。

>>>これでは団体からハブられた小島は逃げるしかない。小島がどうなるかは不明だが、旧例を紐解けば「天龍同盟を馬場さんに解散させられ、本隊復帰に追い詰められた源一郎さん」を思い出すのだが、・・・。

>>>その後天龍さんが早かった企業プロレスSWSの死産、そして天龍さんの漂流を思うと何か小島の未来が見えてこないだろうか?





>>>で、日テレの「ワールドプレミアムボクシング」、・・・「ワープロボ」?(意味不明)
























MAPvsSMOPの対抗戦も??
久々に笑えるネタの予感悪寒。

朝青龍、プロレス新団体3・21旗揚げ
3月11日9時24分配信 デイリースポーツ

 元横綱朝青龍(29)がプロデュースするプロレス新団体「MAP(モンゴル・アサショーリュー・プロレス)」が発足することが10日、分かった。旗揚げ興行は3月21日に東京・新宿FACEで開催。詳細は11日に都内で発表される。朝青龍は、引退の原因となった“泥酔暴行事件”で存在がクローズアップされた個人マネジャー・一宮章弘氏(31)を通して新団体に協力していく。この日は一宮氏とともに中国経由で母国モンゴルに向かったが、今後は現地の選手発掘などでも手腕を振るいそうだ。
 「MAP」は性別やジャンルを超えた選手たちによって、広く多彩な世界をリングに描く「地図」という意味も込められているが、実は、そのものズバリ「モンゴル・アサショーリュー・プロレス」の略でもあった。
 関係者によると、現時点で朝青龍がプロレスラーとしてリングに上がる可能性はないが、興行内で予定されるさまざまな企画の中に「モンゴル相撲」というカテゴリーを設置。そこに現地の選手を発掘するなど、朝青龍がプロデューサー的な立場となって団体に“参戦”する方向で話が進められているという。
 同団体には、個人マネジャー・一宮章弘氏も参加。同氏は今年1月の“泥酔暴行事件”で自らが殴られたと証言した責任を取って一度は辞任したが、朝青龍にとっては側近中の側近だった。引退後、改めて同氏を専属マネジャーに採用し、現在も行動をともにしている。実際、この日の帰国に同伴したように信頼は厚い。その章弘氏が兄でプロレスラーの一宮章一とともに今回の企画を立てたことから、朝青龍の“プロレス参戦”は必然的な流れとなっている。
 当初、3・21旗揚げ戦では一宮兄弟がタッグを結成し、国内の某有名レスラー組と対戦予定だったが、当面は章弘氏が朝青龍とともにモンゴルに滞在するため、延期となった。そこで、一宮兄弟は改めて、朝青龍がスカウトしたチーム・モンゴリアンと対戦するプランを練っている。
 もちろん角界との関係は配慮し、長期的な視野に立って活動していく。近い将来、一宮兄弟VSモンゴル軍団が実現した暁には、“ボス”も来場し、指揮官としてリングサイドでさい配をふるうことになりそうだ。
【関連記事】
・ 朝青龍、引退以来の公の場で不祥事謝罪
・ 春場所、一人横綱の活躍期待 白鵬関に橋下知事
・ 新片男波親方ノーモア朝青宣言
・ 朝青龍 激励会で『引退あいさつ』する?
・ 一人横綱白鵬がけいこ開始 朝青龍不在の高砂部屋も
最終更新:3月11日11時15分

>>>テレ朝夕方ニュースでその記者会見映像を見た時に失笑を禁じえなかった!!

>>>ストロング・朝青・マスクが素晴らしい!ぜし、新日本と対抗戦して欲しいにゃ?。(バカ)




















大晦日が待ってる!
朝青龍、涙の引退会見「相撲に対する悔いはない」
 現役引退を表明し、引退届けを受理された横綱朝青龍(29)は4日、師匠の高砂親方(元大関朝潮)と会見を開き、時折涙を見せながら「皆さんに迷惑をかけた。責任を感じている」「相撲に対する悔いはない」と述べた。また、今後については「何も考えていません。ちょっと休みたい」と述べるに止めた。(サンケイスポーツ)

>>>負けボノちゃんはキレイな引退だったんで、昔のパターンなら輪島・双羽グロの次にプロレス界に来る横綱なのだが。

>>>モンゴルで腰痛ハイキックをかました時点で、相撲界にとっては協会を儲けさせた上で使い捨てしたい横綱だったし、弟子殺人相撲界は見捨ててるんでどーでもええ

>>>今はプロレス界に朝青を取り込む体力はないからレスラーにはなれないが、(弟の青狼も帰国したし、両国国技館を使用出来なくなるから)K-1の谷川ちゃん辺りは億単位で銭を用意してんじゃないの?

>>>そりゃ、曙VS朝青、石井VS朝青なら見たいな?、うん。



>>>余談だが、(シヴァ)「ザ・ニュース」の後藤さんの小沢?ん問題とかに対しての55年体制頭脳にへげへげ、古?い。

>>>更に、小沢?んと朝青の進退を絡めて極めて偉そうにコメントする小泉チャイルド議員の世襲脳に呆れる















「2010/1/4東京ドーム」
箱舟の沈没が始まった。

>>>寅年なのでタイガーvs丸藤がメイン(ギャフン)

>>>棚橋vs潮崎?意外に潮崎がかっこ悪いのは体のバランスがすらっとしてないから、顔がでかい。フジモンかい。
棚橋は潮崎に比べて全然役者が違った。でも中邑に勝てるかは、・・・・。

>>>杉浦vs後藤?杉浦のプロレス時代の藤田(今は、・・・・)を彷彿とさせる強さに中邑ほど苦悩してない後藤の薄っぺらさでは勝てない。

>>>中邑vs高山?もし高山が病気にならなかったら、・・・はともかくグローブ打撃のない総合みたいな試合。他の試合から浮いてた。
vs永田戦もそうだったが、中邑は実にやられ方がいい、往年の猪木よりも「本当にやられる!!」顔がホンモノっぽい?!これが今後の新日本の主流にはならないとは思うが、中邑を倒せる人材が今の新日本にイナイのが問題。
?中西?ん?、ボマイェで倒れないを証明しないと納得できないよな。

>>>タイガーvs丸藤?は半分くらしか流れなかったんで評価しにくいが、まあいいんじゃない?(適当)

>>>自分が負けた試合の後ににこやかにプレゼント紹介するタイガーに涙。



>>>余談だが、(シヴァ)ノアの大量解雇はフロントがしっかりしてないノアがそんなことすれば遺恨を残すと思うぞ、これで何の反抗も起こさない首切られレスラーは甘すぎる。

>>>ユークス買収に怒った藤波・西村達のような新日本での穏健派だったレスラーも無我WPで意地を見せた(が失敗)のだが、どうなることやら。

>>>小橋・秋山がほぼリタイア状態になり、仲田GM(グレートマゾ)が支配するノア、あああああ。





















レッスル、マッスル、スマッシュ!!!
ハッスルが事実上消滅…わずか6年で終止符
12月9日9時21分配信 デイリースポーツ

 ハッスルが事実上、消滅した。経営コンサルティング会社社長の酒井正和氏(43)が8日、都内で会見し、経営難のハッスル引き継ぎを断念した。同団体の最高顧問を辞任し、ハッスルを運営するハッスルエンターテインメント(HE)社との業務提携解消を発表。ハッスル所属だった数選手を引き抜き、新団体「スマッシュ」を旗揚げする。また、大手パチンコメーカー「京楽」がハッスルのスポンサーを撤退していたことも、デイリースポーツの取材で分かった。04年に旗揚げしたハッスルはわずか6年で幕を下ろすことになる。
 酒井社長は「ハッスルのコンテンツを生かした運営は困難。新体制移行は断念しました」と発表。「ハッスルエンターテインメント社が抱える問題と、わたしの考えるイベント運営にかい離があった」と説明した。
 業者や選手への不払い、中止になった10月の後楽園大会のチケット代払い戻しなど、HE社が抱える負債を引き継ぐ要望を拒否した。酒井氏は「もうハッスルとは関係ありません」と言い切った。
 ハッスルは今後もHE社が運営する。ただ、京楽が7月でスポンサー契約を打ち切ったことがデイリースポーツの取材で判明。05年11月からの5年契約だったが、京楽側は「不払い問題もあって、打ち切りを前倒ししました」と説明した。さらに都内にある道場のリングや備品は、債権者に差し押さえられている状況だ。
 酒井氏が立ち上げるスマッシュには、ハッスルから数選手が移籍。東京・新宿を拠点に、地域密着を掲げプロレス、格闘技(総合、キック)の2大部門を運営。来年3月26日、600人収容の新宿FACEでプロレス部門の旗揚げ戦を行い、格闘技部門もその後、同所で定期開催する。
 酒井氏は「いずれ世界に発信したい」と夢を語りつつ、メガイベントを連発し失敗したハッスルを教訓に「最初は身の丈にあった基礎作りから」と堅実路線を掲げた。
 一世を風びしたハッスルは急成長しながら急降下。わずか6年で終止符を打った。
【関連記事】
・ 【写真】元横浜・古木が格闘家へ
・ “移籍リスト”から天龍、川田もれる
・ ハッスル消滅危機…年内4大会急きょ中止
・ 消滅危機ハッスル、アジア圏進出で活路!?
・ ハッスル記事バックナンバー
最終更新:12月9日10時24分

>>>まあ、ハッスルを倒したのは三沢さん説も言ってたが、プライドの税金対策だったハッスルに未来はなかった。
?が、現実なんだろうなあ。

>>>これで世間一般を巻き込んだプロレス系イベントはなくなったわけで、それはちょっと困る。ハッスルがプロレス界を混乱させ衰亡に導いたならひたすら害悪だったと言うことか、・・・
って、一時期評価してたてめーが言うか。(自爆)

















K-1GP決勝戦。
久しぶりに真面目に見た。(試合結果バレ・ネタバレ有)














>>>が、ん?、微妙。武蔵とかチェホンマンとか少しでも思い入れのありそなキャラが皆無だし、出てきたのがホモ好きなゴリマッチョ系ヒゲばっかりだったんで、げろんちょ。
優勝のシュルトとかになんの感慨もねえ。

>>>まあ、まっとうな格闘トーナメントにしようとして、・・・・プロ格闘技ならも少し華がないと。総合は夢も戦国も下降線だし、ちょいヤバイ?

>>>第一、決勝戦が横浜アリーナ、何年か前のは東京ドームだったハズ。規模縮小か。まあ横アリも客が入りにくい場所だからそこを埋めるK-1は凄いけどね。(やっかみ)


>>>プロレスファンは名古屋の方が気になってたが、・・・公式HPとかで見てね。

>>>1・4ドームでは5対5だそうだが、菅林社長ここで箱舟を一気に潰す気満々?


>>>余談だが、(司馬)?「情報7デイズNC」はのりピー逮捕中継で30%いったもんだから押尾の再逮捕でまた狙ってる放送になってた。
















鬼塚・上田シンヤうぜえ。
あ?あ。(ネタばれ有、・・・つーか試合結果バレ)

因縁の対決!内藤vs興毅 速報…WBC世界フライ級 ◆プロボクシングWBC世界フライ級タイトルマッチ (29日、さいたまスーパーアリーナ) 王者・内藤大助(35)=宮田=が、因縁の相手、亀田3兄弟の長男・興毅(23)=亀田=と対戦した。(スポーツ報知)














>>>年齢の12歳差が出たか?いいように内藤はハメられた。TBSの暗黙の亀田贔屓放送には毎度反吐が出る。

>>>CMはマクロス・パチンコまみれでいや?んな感じ。

>>>試合は大樹戦みたいな反則まみれではなかったようだが、ネット検証してくれ。

>>>まあ、ボクシングを語れる自分ではないが、亀田みたいな品性下劣な王者が人気ならオシマイ。















「お前ぇ気い利くなあ」
枝葉確定。

>>>「お茶の水ハカセ」にまた真壁が出た。今回は190キロの肉を持つという、あああああ。

>>>?というネタキャラ一直線!でも微妙にオイシイ?

>>>190キロ位の巨漢レスラーはザラにいるので、・・・最近では曙とか浜とかの相撲出身くらい?ジャイアント・バーナードも160キロだったし、アスリート化した今のレスラーには巨漢デブ分が足りない。日本人レスラーではデブに分類される吉江とかは実はぽっちゃりでしかない?

>>>今日出た190キロデブ女は昔の全女ならデビューさせたよな、きっと。













ハッスルの失敗。
答えは近場にあった。

>>>ハッスルの両国大会がチケット販売も出来てない今、既に死んでいると言って差し支えない、来年後始末的な大会が後楽園ホール以外であるかもしれないが。(没)

>>>一時期は評価大だったし、高額ギャラレスラーのお遊び的受け皿の役目はあった(皮肉)ハッスルが何故こうなったのか?
小川が言ってたように「皆が自分が自分がと我を張るように」なったからとか理由は幾つか考えられる。

>>>で、プロレスファンとしての結論は、三沢さんの事故が原因だったのだと。

>>>これは冗談ではなく真面目に言うんだけど、プロレスは八百長・格闘技はガチと言われてた一般的認識が三沢さんの事故でプロレス八百長説が(一応は)否定されたことで変化し、そのプロレスを揶揄したプロレスたるハッスルに協力・応援することは冒涜に他ならない!とファンも無意識で思ってるのではないか?

>>>DDTとか空気人形と遊ぶのもあるが、あれはプロレス周辺のゴミみたいな(暴論)もので、大金を投じて笑えないパロディを無理に笑わせてきたハッスルは三沢さんの事故後は害悪でしかないと思う。

>>>不真面目なことは究極にまで不真面目(WWEのこと)にしなくては価値はない、半端な不真面目なら自分たちはゴミと自覚しなければその腐敗臭にファンは耐えられないと思う。

>>>とかいって、ハッスルが大復活したら自分が間抜けだったということで勘弁。(もう逃げを打つんかい)




















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
おすすめ アクセス解析SEOセックスフレンド出会い系サイト札幌 風俗