FC2ブログ
ヘリオガバルスの市~18歳未満の閲覧を禁止します。
プリキュアシリーズ等の18禁同人イラスト・コミック創作+18禁オリジナル(ショタ凌辱・女子凌辱・母子相姦等)作品サイトです。多少アブノーマル度が高いのでご注意ください。~リンクフリーです。こっちに移設しました、どぞよろしく。
プロフィール

ヘリオ2011

Author:ヘリオ2011
管理人 SN012のプロフィールについては、「SNプロダクツ TOPページ」参照のこと。



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「クレヨンしんちゃん 嵐をよぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」
いかんな?、破壊力バツグン。

                           otg-1

映画「クレヨンしんちゃん 嵐をよぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」
今夜は…オラ泣いちゃうゾ感動の映画スペシャル!!感動の超名作『映画クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』を特別放送!ほかに『スノープリンスだゾ』
『映画クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲』を放送…“21世紀はオラが守る!!"大人たちがハマッている「20世紀博」。世界を20世紀に戻そうとする組織がしんのすけたちを捕まえにきた! ほかに『スノープリンスだゾ』で豪華ゲストも!
出演
 野原しんのすけ:矢島晶子  野原みさえ:ならはしみき  野原ひろし:藤原啓治  野原ひまわり:こおろぎさとみ  シロ:真柴麻利

>>>「映画秘宝」が絶賛してたとか、「20世紀少年」はこれのパクリ?とかはともかく何度見ても泣ける。

>>>クレしん映画はこれと「アッパレ戦国」を押さえとけばいいやと言っても過言ではない出来。

>>>しかも初見から年を取った自分には尚更涙うるうるポロポロなのよ、うるうる。?「変わらない過去」に生きることをやめて「薄汚い未来」に賭けるのか、・・・。

>>>少子化という現実は先細りの予測世界を手繰り寄せつつある、少子化は人間の人生が薄?く延ばされているに過ぎない。「ダイの大冒険」で人間に味方した魔族が言ったように「ダラダラと中身も無く長生き」してるに過ぎないのかもしれないし、子供を産み育てることが幸せに占める%は少なくなったのだろう、

ただ、それでもこの映画に泣けるうちは捨てたもんでもないと思うぞ。








>>>余談だが、(司馬)大女優(笑)仲間ユキエのドラマ「アンタッチャブル(ザキヤマ!ではにゃ?)」は視聴率が時代錯誤ドラマ「不毛地帯」並みに悪いそうだが、
TVスポットで犯人当てクイズ答えて「豪華プレゼントが当たる!!」と連呼してるようではそれも本当かと。
















「スカイ・クロラ」
すべからく魅惑的に。 (ネタばれ有)

                     akkur-1











































>>>どっかの評論に「押井作品的でないが、まさに押井作品」とかあったが、・・・・。
ポニョは9月に見るが、「牙・ゴーオン」は、・・・・・。

>>>今回は「イノセンス」のように途中で寝なかった、(「攻殻」は寝てないが)・・・・ラブストーリーは意外に押井さんの肌に合うんでは?「イノセンス」後の長編「立喰師」は未見。「ミニパト」はチラ見。

>>>とにかく雰囲気がいい、ヴェネチアで賞を取れるような、いや欧州風に媚びた?と思われるか、・・・。

>>>全体が淡々X20と進んで行き、ラスト近くの見せ場・愛の三角関係?が破綻する時にいつもの押井アングルが出て、計算し尽された画面にうっとり。

>>>永遠の生は永遠の死よりも残酷な、・・・・という既成のテーマとかは関係なく、抑制の美を堪能してください。

>>>しかし、押井さんは「ガラスのような眼の女(今は廃刊された月刊OUTの霜月たかなか氏評)」が好き、そんな女を描けばシビレル作品になるのはなんとも、・・・・。
あと、子供の「キルドレ」が煙草スパスパ、XXXもしちゃうので、TV放送大丈夫か?日テレ。欧米ではそこら辺の規制も厳しいから上映とか、ん???。

>>>「キルドレ」は「日清サラドレ」とか、ボケねたも考えてたが映画があんまりいいんでやめます。(サラドレもすんな)

>>>EDクレジットに「軍事監修・岡部いさく」とか「庵野秀明(ヱヴァ・破は?)」とかの意外な名前を楽しみ、声優陣の異常な豪華さに(押井人脈)驚き、全部終わった後にも、

・・・・あ、「REX 恐竜物語」みたいな「ぐ?」なオチではないから!?(没)














「ローレライ」
「妖女伝説(星野宣之先生作)」じゃないよ。

                         rrry-1

>>>まあ、TV編集版だし、・・・で、05年公開は行かず、CS放送は録画のみでスルーしてたが、とうとう見た「ローレライ」、
・・・ん?、結論から言えば面白かった。

>>>原作はスルーしてたし、月刊アフタヌーンの漫画版(内容は映画とはかーなーり違う)は絵柄が自分的にはキモいのでチラ読み、・・・・かーなーり映画版も評判がだったので心配してたが。

>>>この原作者は戦記物に美少女を絡めるのが好きなのか(「コミックリュウ」で中断した漫画の原作もそうだった)
「ケッ!」と思ったし、あーあ、なのが最初の展開だったが、テニアン島に「特攻」かける辺りから燃えて来て、松本零士の戦記シリーズか?な展開。良かったんではないか、
・・・実際、原作も映画も好きな方が知り合いにいるんで酷な評価はしたくないなー、レビューはスルーしようと思ったが、そんなことにならんでいかたいかた。

>>>ただ、科白回しがモロ現代なのと、(昭和30年代辺りのの軍記映画と違いすぎ)
「デモンストレーション」「ストップウォッチ」などの敵性英語を軍人が使うのは違和感とか、
長髪の軍人が多いとか、
CG丸出し画面とか、
パウラ(オダギリ・ジョーの妻)と妻不器用が「タイタニック」のパロディしてる(「タイタニック」のフジTV吹き替え版で妻不器用がデカプリオの吹き替えしてた)とか、
エヴァ1話の使徒がミサイルを潰すのと同じCGエフェクトとか、
・・・散々言われた点も後半は気にならなくなった。
戦争物のリアルさがないのは、もう戦争を知る映画屋がいなくなったから、・・・戦後直後からそこそこ現役の方々がいたがもう引退したよなあ、・・・。
その点ハリウッドは戦争ネタの鮮度に事欠かない!のは、・・・すごい皮肉だ。

>>>祖国日本を守るために、無数の敵中に戦いを挑むパターンは私的に否定出来ません。
例/宇宙戦艦ヤマト・さらばヤマト・沈黙の艦隊・クロスボーンガンダム等、・・・。

>>>しかし、次の「日本沈没」で樋口監督は沈没し、「隠し砦の三悪人」のリメイクで「椿三十郎」リメイクの森田監督と同じどツボにハマるのか?興味深くはあります。見に行かないけど。(没)










予告編で充分ですよ。(アニメ系)
「ベクシル」ってんじゃねー。

                     えくあすまきな-918

>>>「ヱヴァ」の前にあった予告編のネタ。

>>>「アップルシード」も予告編しか見てないが(没)なにか製作者は士郎正宗ブランドなら「攻殻機動隊」みたくヒットしつつ(「AS」もヒットしたから2が出来たのはいいが)海外でも評価される!!・・・と思ってるなら甘い。

>>>まあ、今はアニメの粗製濫造時代なのでそれでもいいのだが、知名度だけになったスタッフ(音楽・細野とか)でやってもねー、ファン・マニア・オタクのようなディープでコアな層が付かないと本当にブレイク(例/ヱヴァ・・・これも例えとしては不適格?・・・。)しないのが解らないから造るんだが。

>>>特に人間のムーブをCGI処理した動き方(アニメート)は現時点ではのたーとして生理的に違和感あるのが、・・・・。人間の動きは一様ではないのであれだけで見る気なくなる。いいアニメーター確保出来ないのかしないのか。

>>>原作の士郎先生はもう「AS」は描かない(理由はぐぐれ)そうだが、こんな映像化で満足してるのか?(押井・攻殻もどう思ってるのか?)

>>>まあ、同じ士郎関連でも↓よりは100000倍マシ、なのに異論はにゃー。(没)

                           がんどれす-918



>>>え?「んなもん出すんじゃねー!!」・・・失礼しました。(ぴこちこ)










「ルパン三世 ルパンvs複製人間」・・・ルパン40周年放送。(その2)
これで何回めかい?

                   ri-1

>>>で、放送分だが、・・・
/ルパンが砂漠でさ迷うシーンほぼカットされてます。
/ルパンの精神を解析する場面で「白痴」というマモーのセリフがカットされてるような?
/精神解析時の不二子のヌード映像と「ドンパッチ」CMは毎度カット。(EDでチラッとアリ。)
/「金曜ロードショー」はCM入りまで毎回同じ編集版かと。予想通り、HDリマスターの意味なかった、・・・砂漠分が残って、ルパン精神解析がカットされるパターンも一回くらいあったかな。

>>>まあ、DVDを見ればいいんだけど、「カリ城」が宮崎ルパンなのでノーカット贔屓されてんで、しつこく見るのだ?

>>>旧ルパン1クール目のアダルトな雰囲気を保つ唯一のルパン映画だと思うんだ。(?との分析はどっかのサイトの受け売りだったか記憶不鮮明。)

>>>これからも放送分を見るんだろうな、・・・何故って?
「それがやつの宿命。」(五右衛門)






「ルパン三世 ルパンvs複製人間」・・・ルパン40周年放送。
1978年の作品なんで、30年に渡って日テレで放送されてんのか。

                        rc-1

>>>映画「ルパン三世」の1作目「vsクローン」が来々週、HDリマスター版で金曜ロードショーで放送されるそうだが、ノーカット版でないとリマスターしても意味がないんじゃないかと。

>>>今は亡き?牧村ミッキー氏(激笑)が某サイトに
「TV放送分ではマモーがルパンの「精神」を探り、モニターに映すシーンが、「特定の菓子の商品映像が出る」「不二子の全裸が出る」ためかカットされました。
(最初のTV放送からカットされてますが、最近は知りません)
また、この部分が全部カットされたVerとマモーがルパンの心理構造に驚くシーンは残したVerがありました。
ちなみに、「カリオストロの城」も昔は「ルパンが次元にコブラツイストを掛けられるシーン」が時間調整のためかカットされビデオ完全版発売以前は幻の場面と言われてました。」
?と書き込んだようにカットされまくりなので、・・・。

>>>え?、牧村ミッキー氏の正体はバレバレ?(なんか当SNP関係以外にも同じHNの方もおられるとか?)

参照サイト (放送事故、ハプニング)タレコミコーナー http://www.jiko.tv/





「サンシャイン2057」のクライシス?
いかにこの映画の影響が大きかったか。(反面教師という意味で)

                       ku-1

>>>で、「サンシャイン2057」が公開!なCMを見た時、・・・・。
「2007年公開予定のアメリカ映画『サンシャイン2057』(en:Sunshine (2007 film))は、基本ストーリー(太陽の異常活動による危機を回避すべく科学者チームが宇宙船で向かう)や一人だけ日本人キャスト(真田広之)が出演している事など、本作との類似点が多く見られる」

>>>?な「ウィキからのコピペ状態」に特オタは陥ってるが、製作体制も違うので「ハリウッドもネタ枯れが極まったのでアラン・スミーシー名義でアメリカ公開された「ソーラークライシス」のアイディアのみ拝借して一本でっち上げました?」が正しいようだ。

>>>まだバブルの頃に、ハリウッドに金出せばリッパな特撮映画が出来ると勘違いしたNHKとかは単にNHKスペシャル「銀河宇宙オデッセイ」の映像素材に転用出来れば満足?な散々な有様だった。

>>>この手の突っ込みネタには目ざとい「映画秘宝」の最新号にも記事がなかったので、以後調査継続します。






「永遠の法」・・・諸事情により、・・・・。
見た方の情報求む。(こればっか、)

                   え-1

>>>人類史上最高の原作!

                   え-2

>>>超豪華なスタッフに製作環境!!(制作費)

                   え-3

>>>日米の英知を結集して!!!(?という煽りの映画に、・・・・・・・。例/「レンズマン劇場版」)

                   え-4

>>>今ここに映画史上に燦然と輝く超傑作名画が誕生したっつつつつつつ!!!!!!!(?見た?・・・シネコンで平日の夕方に1回しか上映してなかったから、大不覚にも見逃した自分は万死に価する!)

>>>DVDは一人1枚と言わず、何枚でも買おう!!国民的アニメ映画だからね!(・・・へ??それジブリの宮崎監督(父?子?)の「ゲド戦記」より面白いの?ヒットしたんだ??)

>>>・・・・・・SNP的にはノーコメント!(没)






「ウルトラQ・ザ・ムービー 星の伝説」
追悼企画、いろんな意味で。

                    うるQ-1

>>>実相寺監督と佐々木さんの追悼なのです。
>>>文明批判やATG色が強く出たので当時、「ウルトラQ」映画に求められたモノと違い興行的には成功しなかった。すぐにTV版が同時上映されたもんな?、(私の地方では)
>>>岸田森さんのイメージでのオファーのあった堀内正美さんが後にウルトラの常連になり、UFO大好きの高木澪さんがGUTSの隊長になり、「花」「夢」で監督と再会された。
>>>荻野目慶子さんは今どこ?・・・現時点で特撮大好きな風見しんごさんについて語るのは辛いので、・・・。
>>>EDスタッフロールで樋口監督や大岡新一さんといった後に活躍する人物を見るのは楽しい。
>>>マン・セブン・怪奇の実相寺作品に出た、TVウルトラQのレギュラーの桜井浩子さんが出てないのは?(ムラマツ・アラシ・ハヤタは登場。)監督は桜井さんを好んで起用し、他の映画にも出してるのに、・・・この時期女優してなかったか?一平役の西条さんは出てるのに佐原健二さんは??謎は深まるばかりです。

>>>「怪奇大作戦 セカンドファイル」の2話目を監督がされる予定だったそうです、・・・・・はーあ。(タメイキ)

>>>ま、とにかくこの企画をしてくれたファミリー劇場に感謝。





「時をかける少女」
止まれ、ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!

                        じかけ-1

てなわけで、今頃鹿児島に来た「時かけ」、巡回映画かっ!!(昔はそうだった)なんか6本くらいしかプリントしてないとかの噂も、・・・。
そんなことはどうでもよく、各方面から「必見!」「今年のベスト!」の絶賛だったので、この機会に見ないと、・・・・で、見た。
・・・・・正直な話、いい話だったよ。原作小説の続編として、筒井イングが認定したのも解る。
で、レビューおしまい。
・・・・・・・・なわけにもいかないので、悪口ではない感想を書く、・・・・う?ん、これ実写でもいいんじゃない?
ジブリに負けない、美術のこだわりはいいが、アニメでなければ描けない絵ではないな。
これは悪口だが、(笑)予告編で「パプリカ」の壮絶な作画を見た後なんで、・・・まあ「ブリーチ劇場版」のやっすいTV並みの作画には唖然としたから、「時かけ」がまたよく見えること!!・・・決して作画は手を抜いてなく、(公開当時、影がないのでそんな馬鹿な評判があった。)アニメなんでまさに「動きの躍動感」で魅せたことは特筆モノです。
また、同時期公開の「ゲド」「ブレスト」のすっとこな出来が、この作品を比較対照的にぐぐっと持ち上げたのではないか?
タイムリープのイメージが某ドラえもんのタイムマシンの場面の発展型なのはいかに藤子Fが偉大かと、・・・ウェルズの「タイムマシン」の最新リメイク映画の「時間が巻き戻る風景」みたいな驚きの表現がなかったのは惜しい。時間を戻るので同じようなシーンが多用されてたのは手抜きじゃないが、実写なら微妙な変化を与えられたかもしれない、・・・・キャラデザももう少しバラエティに富んでも良かったんでは?萌えキャラ系の人物がメインなのは画面が単調になった。
それと、危険で急な坂道には電車の踏み切りは禁止。?それでも総体として、1800円払っても惜しくない映画でした、これは私的には最高級の賛辞です。
原田知世様版が「神映画」(ネット厨房ぽい言い方、(苦笑))なので、思い入れがあればもっと高評価になったかも、EDでユーミンの曲を脳内補正で流してたよ、ははは。
あと、これは蛇足つーか、映画自体の罪ではないが、巡回して来たのでフィルムに見るに耐えない「傷・ノイズ」があって(デジタルでない映写機はこうなる。)DVDでオリジナルネガからのクリアな質で楽しみたいです。実際、・・・これから「オトナアニメ VOL.2」の「時かけ特集号」をやっと読むことができます。VOL.1の「ハルヒ特集」は全話見終えるまで、・・・・・・・。

で、知世様は声優として出られたのか?EDは目をサラマンドラにして見たのだが、・・・・・。













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
おすすめ アクセス解析SEOセックスフレンド出会い系サイト札幌 風俗