FC2ブログ
ヘリオガバルスの市~18歳未満の閲覧を禁止します。
プリキュアシリーズ等の18禁同人イラスト・コミック創作+18禁オリジナル(ショタ凌辱・女子凌辱・母子相姦等)作品サイトです。多少アブノーマル度が高いのでご注意ください。~リンクフリーです。こっちに移設しました、どぞよろしく。
プロフィール

ヘリオ2011

Author:ヘリオ2011
管理人 SN012のプロフィールについては、「SNプロダクツ TOPページ」参照のこと。



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凛子の立場は?
「『ラブプラス』美少女キャラ汚された」 漫画雑誌ストーリーにネット騒然
5月13日19時42分配信 J-CASTニュース

 任天堂DS用大人気恋愛シミュレーションゲーム「ラブプラス」の美少女キャラクター・姉ヶ崎寧々(あねがさき ねね)が漫画雑誌で「淫乱」に描かれていると、ネットで大騒動になっている。寧々といえば、従順、可憐で、実際に結婚式まで挙げる人物まで現れた大人気キャラクター。マンガのストーリーで「汚された」という理由から、「出版社に抗議しろ!」や、「DS破壊した」といった書き込みがネット上に出ている。
 騒ぎになったのは「月刊ヤングマガジン」の10年6月号。「ラブプラス」に基づいたフィクション「ラブプラス?Nene Days?」で、寧々が主人公になっている。付き合い始めて3ヵ月目の設定で、寧々と「彼」が雨の日に相合い傘で下校する。寧々は「彼」を「私の一番大切な人だよ」と紹介している。二人でいると楽しくて、ちょっと切ない気分になり、「傘の本当の使い方教えてあげる」と「彼」にキスを迫る。そして、「……ふふっ 少し濡れちゃった。これからもいっっっぱい!思い出作ろうね!! 」
といった内容になっている。

■「講談社関係者説明しろやゴラァ!」
 これに対しネットでは、「傘の使い方って何だ?」「濡れたって何だ?」などと騒動になった。そして、このマンガは寧々のイメージに反するものだと発言する人が大量に現れた。掲示板「2ちゃんねる」にもスレッドが乱立する「祭り」に発展。
  「講談社関係者マジ出て来いよ 説明しろやゴラァ!」
  「死のうかみんなで」
  「あーこりゃもう許さね 一揆だこりゃ もー止められねえわ」
などとファンが書き込めば、
  「2次元はうらぎらないとか言ってるけどいつも裏切られてるじゃねーかよ」
などとファンを嘲るような書き込みが交錯した。
 マンガやアニメファンは、ヒロインに「処女性」を強く求める傾向が強く、これまでも作者に対する大バッシングが起こったりした。
■「これからもセクシーなシーンを掲載します」
 今回のファン達の騒動をどう考えているのか、「月刊ヤングマガジン」編集部に問い合わせてみたところ、寧々が「淫乱」などということは全く考えていないし、ストーリーについては原作のコナミに確認した上で掲載している、とのことだった。今のところ苦情のようなものは来ておらず、
  「これからもセクシーなシーンは出していきたいと思っています」
という方針だそうだ。
 「ラブプラス」はゲームメーカーのコナミデジタルエンタテインメントが2009年9月に発売。2ヶ月間で15万本以上を売り上げる恋愛ゲームとしては異例の大ヒットとなった。プレーヤーは好みのキャラと会話やデート、メール交換などで関係を深めていく。
 恋人同士になりエンディングを迎える従来のゲームと異なり、カップルになった後にも恋愛が楽しめることでも人気を呼んだ。なかには、キャラクターの寧々と実際に結婚式を挙げる人も現れ、外国メディアにも取り上げられた。
■関連記事
恋愛ゲーム「ラブプラス」で離婚騒ぎ 「妻よりもキャラに出迎えてほしい」 : 2009/11/30
DS「ラブプラス」廃人量産 「女子から告白」ゲームの破壊力 : 2009/09/11
iPadでマンガ読めなくなる? 性描写と暴力に異常ピリピリ : 2010/05/12
「ラブプラス」の彼女と今度は旅行! : 2010/04/21
社内恋愛のキッカケ 男性のトップは「一目ぼれ」 : 2010/02/22 最終更新:5月13日19時52分

>>>「グッドアフタヌーン」に連載開始された凛子の方はファザコンキャラでエロさはまったくない。

>>>ので、話題にもなってない、・・・・グッドアフタヌーン自体がマイナーだし。

>>>それはともかく↑のラブプラスオタどもはキモい。マジで














「妄想少女オタク系 3巻」で、・・・・。
アニメ化は想定してたよ。

                    ms-3

>>>いや?、まさか「2007年秋実写ドラマ化」までは読めなかったぜい。

>>>この作品から「女子高生」「ぽてまよ」「ひとひら」「こどものじかん」で深夜アニメを揺さぶる?「コミックハイ!」を読むようになったのがの付き、・・・。

>>>メガネオサゲ地味系かわいいな女子高生・浅井、で腐女子。に恋してしまった一般人高校生・阿部(安倍ちゃんではない)。

>>>ゴマキ似のGカップキョニュウ超美少女だが、(昔は陰気なデブ女子姿)腹黒暴力女子高生・松井でもしかし、腐女子!に恋してしまったイケメンモテキング・オタクに詳しい一般人高校生・千葉
・・・の4人のドタバタ(死語)オタクネタ満載のラブコメディ。

>>>?だったが、この3巻からBL漫画史上類を見ない腐男子?キャラが参戦!腐女子驚愕?なこの展開に慄け!このキャラについては1巻から登場はしてたんで全部買え!!(おいおい)
これがまたいいキャラで、しっかりラブいことしてんのがいいのか悪いのか?

>>>アニメにするには絵が萌え系じゃないからどうかとは思ってた。
・・・作者はこの作品の前にちょいオタ的な漫画も描いてたが未見。どっちかと言うとヤングコミック系の人なんだ。

>>>単行本を買ったファンしか知らんことだが、この作品、「コミックハイ!」の2度目の新装創刊の読みきりで、その後連載が少ないので数合わせで連載化された作品だったのは秘密だ!!(爆)









「宙のまにまに 1?3巻」
星を見ないか。

                     tm-1

(美星ちゃん(みーちゃん)が表紙)
>>>「アフタヌーン」誌で連載中の天文部漫画。
>>>とにかく絵とキャラがかわいらしい、それだけで満腹状態です。
?本好きな美形眼鏡・朔くんと、
幼馴染のいっこ上の超ポジティブ星見ダイスキ美少女・美星ちゃん、でもナイーブ。
美星のお目付け役で親友の着やせするナイスバディ黒髪美少女・小夜ちん、
美星に絡んでくるベタ黒髪眼鏡巨乳秀才生徒会長・琴塚(フーミン、属性多過ぎ)、
朔くんに片想いの武闘派?超美少女でも恋に臆病な(笑)・姫ちゃん、
等魅力的なキャラが爽やかなラブコメを奏でます。・・・ん?、これではその魅力の半分も伝えられない、
・・・買って読め。(おいおい)

                     tm-2

(姫ちゃん(これが下の本名)が表紙)
>>>観測天文学は決して主流ではないが、子供向け天文本の名著「星と伝説」で神話にハマった貴方なら心清くなる「ときめき天文グラフィティ」←最初のタイトル候補。(笑)

                     tm-3

(フーミン(乳でかい)が表紙)
>>>こんな高校生活を送りたかった、と思いたい貴方にも。


>>>・・・なんてSNPらしからぬ健全なスレだ。(笑)








「女子高生 第一部完」
「コミックハイ!」に「エール」を送る。(没)

                   j-7-1

>>>遅れたが。
>>>それなりの期間、「コミックハイ!」を支え、「ハイ!」のアニメ化作品の先駆けだったが、第一部完。(笑)

>>>「ひとひら」「ぽてまよ」とか評判もいいし、「こどものじかん」は開始前から(笑)話題になってる、・・・最近は連載も途絶えがちだったのでそろそろかな?と思っていた。

>>>ぶっちゃけな女子高生(まんまや)内幕暴露ネタで同時期の?「マリみて」幻想をコッパにしてくれた憎い奴。(恨)
・・・沖縄の修学旅行ネタでおしまいだが、再開はなさそう。

>>>作者がメジャーな「サンデー」「ガンガン」で連載もつようになったし、公式はともかく完結!と思ってる。
まあ、絵が上手くなったが、キャラの顔が「平井久司(=同じ)」状態で区別がつかなくなったからなー。
未映像化EPはまだいけると思うのでアニメはもう一花咲かせて欲しい。今度はOVAで原作のまんまで、・・・CSでもモザイク・ピー音が掛かりそうだが。(エロ)

                   j-7-2

>>>↑こんな声優淫語エロアニメでした。(・・・)







陰からマモル! 1・2巻
え?オチはないです。(予防線)

                     ka-1

>>>「コミックALIVE」で再連載してたのは知らんかった、・・・。(前は「フラッパー」で)
>>>天然ぽけぽけ美少女を「陰からマモル!」へろへろ少年忍者(実は美形)のラブコメ。実は少年が好きな目付きの悪いツンデレ少女(またか、・・・。)とか、古典派美形な巫女服標準スタイルの女剣士とか、少年の幼馴染の妹キャラ忍者とか、典型的ハーレム物萌えコミック、・・・と言うと面白くないみたいだが、作画のまだらさい先生の今は亡き「もえよん」時代から注目してた、百合混じりの(またか、・・・。)キャラがかーいくて読めます。他に同じ作家の真面目な少年冒険物漫画もあったが、内容が不明なので未読。

>>>流行のライノベ原作物で、これはアニメでもいけるんじゃない?

                     か-2

>>>・・・といつもの深夜アニメ化きぼーんネタで落とそうと思ったが、この作品を知ったのはAT?Xでの放送なので、かなり無理なオチでした。(没)

>>>ともかく漫画はおもろいので、どぞ。
>>>地味に放送も終わったが、まだ小説版は続刊なので第二期きぼーん!(←馬鹿)








「こどものじかん 3巻」
当然の結果!なのか?

                      こ-1

>>>裏SNPでも予言したように堂々のアニメ化!!!
>>>しかし、「小学3年生と担任(童貞)のマジラブコメ」を映像化していいものか?児ポ法に抵触しないか?
>>>しかし、「コミックハイ!」はマイナー萌え系誌なのに、続々アニメ化、・・・双葉社の威光なんだろうか。多分、プロデュースは「ジェンコ」だ!
>>>ものがたりは「同僚の巨乳女教師」との三角関係にまで発展する無軌道ぶりだが、あたいの一番の萌えキャラはツンツン(デレなし?)黒髪ポニーテール眼鏡口五月蝿い女教師だが、
「抱かれなれてないようだ。」な処女キャラ!!!
(「げんしけん 9巻」かよ。)
?メイン小学3年生トリオのブラック・ゴスロリで主人公のツインテール少女にマジ百合な「黒ちゃん(本当に黒って名前、親は馬鹿?)」も彼女にそりゃ萌え宣言するさ、するとも!!

>>>(なに早朝に萌えてんだ、あたいは。(自滅))








ジャスティス先生の2月病。
某掲示板でこのネタに噛み付いてた特オタがいた。

                    でん-2

>>>「コミックガム 3月号」の「辣韮の皮」から、毎年恒例(?)の「昭和ライダー好きの先生で毎年2月になるとXXXXな平成ライダーに拒絶反応を起こして休職する。(例外的に「響鬼」さんは好き)」というネタなんだが、・・・・。

>>>確かに今年の電王は、・・・(削除)




「ブロッケン・ブラッド?」vs「怪物王女」
姫の本名は3巻で判明。

                     ブロ-1

「今月の萌えコミック」

>>>「ヤングキング」で女装練金術師美少年ギャグ漫画?「ブロッケン・ブラッド?」連載開始!・・・この作者、このギャグ路線でいけばいいのに。「ガンガン」とかでのシリアス・ファンタジーは逆にパロディにしか見えん。(没)

>>>「月刊シリウス」の「怪物王女」アニメ化!・・・遅くも早くもなし。・・・「萌え怪物くん」なので(確定かよ。)藤子A先生に一言話を付けとかないと、「旧・オバQ」とかみたいになるのでご注意。

>>>基本設定である、姫がへタレくんを「轢き殺す」1話は映像化可能なのか?







「マジカノ」vs「辣韮の皮」
マジカノ復活!ひじゃうにめでたい。

                     マジ-1

「今月の萌えコミック」

>>>「ライダースピリッツ」以外にはほぼ読みどころのない「マガジンZ」のあたいのお楽しみは「マジカノ」です。
>>>諸事情(笑)により、中断してたがめでたく再開、こーゆー場合質に変化があるもんだが、あゆみたんも三姉妹も萌え萌えでよかった、今回はアンジュさんの秘密が、・・・。

>>>もう休載すんなよ!!(懇願)

>>>今更メイド喫茶ネタの「辣韮の皮」以外はほぼ読みどころのない「コミックガム」でアニメとのタイアップで無理に盛り上げようとする「GR ジャイアントロボ」だが、・・・・。
>>>どーせ、脚本の小中千昭の趣味でクトゥルー趣味で落とすのだろうな?、ガムでの漫画連載は、・・・もう読まんな、多分。

>>>「一騎当千」第2期のアニメは蜀陣営キャラが登場みたい、またパンモロアニメになるんだな。はは、









こぎゃるかん 3巻
ツンデレで亜美ちゃん。(萌え)

                    こぎゃ-3-1

「コミックハイ!」の人気連載(のハズ)で「ぎゃるかん」(青年誌掲載・未読)のスピンオフらしいが、あんまり関連はないみたい。
いわゆる「ハーレム物」で軟弱な男子がモテルというありがちがちなラブコメ。
?なのでそんなにおもろいとは言えないが、(ひでー。)
3巻から登場する「高久亜美」ちゃんのウブなツンデレ(またかい。)ぶりと極悪で腹黒なのに、かわいいというなかなか味のあるキャラなので愛読してます。
表紙が亜美ちゃんだが、(・・・別に飛ばないよ!)この作者、キャリアがある割には80年代風なラフ=手抜きな画風が現在ではマイナスかな、横顔がまんま「犬顔」なのも、・・・。
主人公「ケロロ軍曹」の桃香ちゃんヘアスタイルの遠山亜季ちゃんも軟弱男子が実は好きで、もう一人の地味系少女と恋敵関係にあるが、ダークな亜美ちゃんには敵いません?
ちなみにこの亜美ちゃんが未登場の1・2巻は購入予定なし。(雑誌掲載分は読んでます。)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
おすすめ アクセス解析SEOセックスフレンド出会い系サイト札幌 風俗